RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「仙禽 純米吟醸中取り無濾過生原酒(栃木県・仙禽酒造)」いただきました

 本日のお相手はこいつだ!

 木桶で醸す、ゆっくりな酒。 仙禽酒造株式会社
 「仙禽 純米吟醸中取り無濾過生原酒 袋取り手詰め瓶囲い 特約店専売
 原料米:とちぎ酒14号
 精米歩合:55%
 使用酵母:T-F
 アルコール分:17度
 日本酒度:−4
 酸度:2.2
 製造年月日:21.4(20BY)
 
 袋搾りにて最も味乗りしている部分を濾過せず、加水せず、直詰めしました。保存方法は冷蔵3度以下、暗所にてお願いします。開栓後は早めにお召し上がりください。立ち香、味わい、ふくみ香をご賞味ください。

「感想」
 ラベルに独特の風合いをもつ仙禽酒造、実際にはこのラベルは都心向け商品だという話です。ラベルデザインは、お偉い先生に書いていただいたという話です(名前を存じ上げてなく恐縮です)。緑のおしゃれな瓶が涼しげでスマートな印象を受けます。

 コンセプトははっきりとしていて、栃木らしい酒です。歴史ある仙禽酒造が、地元米を使って、県産酵母を使って醸す「THE TOCHIGI」です。近年表に出るようになった「とちぎ酒14号」ですが、なかなかのポテンシャルを感じました。これからが楽しみな酒米です。

 肝心の酒のほうは…原酒ならではのコクがあり、無濾過ならではの深み、生酒ならではの上立ちを満喫できました。含み香とのバランスがよく、食虫酒としても活躍できるでしょう。

 酸が高い割にはやわらかな酒質で、甘みと酸味のハーモニーが心地よく、夏場でも楽しめる一本です。今流行のオンザロックなんかで出すとおしゃれに気取れそうです。 

 アルコール17度で日本酒度−4ということなので、なかなかの甘口酒ということになります。普通に加水すれば日本酒度−2、酸度1.9くらいになって、いろんな商品に淘汰されてしまうんだろうと思うと切ないですね。そんな中、原酒で世に送る蔵元に感謝の気持ちを伝えたいです。

 「飲まなきゃわからない、冷酒で映えるコク甘純米酒

 そんな言葉がぴったりです。おいしゅうございました。

author:むらかみさん, category:日本酒, 10:33
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:33
-, -, pookmark
Comment
ノコノコさんへ

蔵元さんも喜びますよ。
気に入っている人にこそ飲んで欲しいという想いの強い蔵元さんなので、嬉しがるでしょうね。

栃木県は酒質の幅が広く、おもしろい県ですよね。キレのある「旭興」や香りの「美田」、食中酒の「大那」などは魅力いっぱいです。

仙禽は、バランスがよく、やや弱い酒質のやさしい味の蔵元代表ですよね。個人差ありますが、木桶も魅力ですね。
むらかみさん, 2009/11/24 5:57 AM
うおおおお〜!仙禽!
自分が一番好きな栃木の地酒ですうう
思わずテンションあがってしまいましたw
そうそう、酸度が高い割にはすごくバランスが良くて飲みやすいんですよね
なんか感性が合う人と出会うと嬉しいわあ(*´∀`)
ノコノコ, 2009/11/07 7:55 AM









Trackback
url: http://sake-brewer.jugem.jp/trackback/3