RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
平成21酒造年度新酒鑑評会・日本酒フェア2010
平成21酒造年度新酒鑑評会・日本酒フェア2010

今年も全国新酒鑑評会に行ってきました

「ブログを始めて1年経ちますが更新が滞っていたなぁ…」という反省があります

まぁ、不定期更新だし…

さて、今年の会場の雰囲気ですが、昨年と大差ないように思えました。酒類総研のHPにある「平成21酒造年度 全国新酒鑑評会製造技術研究会運営業務の委託」は今年度(平成22酒造年度:平成22年6月〜平成23年5月)のことなのかしら先の民主党の独法改革の影響を受け、独立行政法人もいろいろ変わっていくと思いますが…「こんな会(つまり、新酒鑑評会のことですな)に意味があるのか」との問いに答えるべく、より意義ある会になればいいと思います。

つもる話は多いのですが、新酒鑑評会関連のコラムについてはそのうちということで…

今年の私のテーマはなんだったかと言いますと「1部を味わおう」でした

1部は「山田錦の原料米における使用重量比率50%以下、もしくは未使用」との制約があります。はっきり言っちゃうと、飲む側にしてみたら、どうでもいいことです。それほど、現在の酒造りは科学的に進化しています。

…というわけで、何が違ってたかと言われても、難しいですね

印象に残ったのは、高知県の豊の梅(高木酒造株式会社)高知らしい芯の強いボディーに、めりはりのある鮮烈な香りがよかったです。造りの丁寧さが感じられました。

高木酒造と聞くと、おそらく8割の方が「十四代」で有名な山形の高木酒造を想像することでしょう

高知県の高木酒造株式会社さんは、日本一小さな町だった赤岡町(2006年に市町村合併で大きくなりました)にあります。今までも地元米「吟の夢」で受賞経験があります兵庫産山田錦を使うことが悪いとは思いませんが、こういったお酒こそ、本来賞賛されるべきであろうと思います。

酒文化は、米農家の協力なくしてありえません。農家になりたい若者が増えているとのニュースをよく目にするようになりましたが、こういったイベントを通じてアピールしていくのもいいのかと考えさせられました。一般米と違って、生育は大変ですが、チャレンジしたい人もいるんじゃないかなぁ…

鑑評会の性質上、製品の優劣は避けました。口に合うお酒、合わないお酒、いろいろありますが…やっぱり、精魂を込めて生まれてきたお酒には、感銘を受けます。残念ながら受賞にならなかったお酒の中にも、きっと素晴らしいお酒があったことでしょう。また、来年もいいお酒ができることを願っています
author:むらかみさん, category:試飲会, 15:00
comments(0), trackbacks(1), pookmark
関東信越きき酒会の様子
だいぶ遅くなりましたが、関東信越きき酒会に行ってまいりました

先にお知らせした通りに関東信越きき酒会は、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・長野県・新潟県(50音順)の酒蔵が集まるビックイベントです。私がこの会を推す理由は以下の3つでしょうか。

‖元と話ができる(中には担当者不在もいますが…)時間的な問題で比較的空いているので、ゆっくりと話ができます。(雇われ)杜氏がいらっしゃることはなかなかないですが、造り手が来ている会社は結構あります。

200以上の銘柄が飲める。これほどの銘柄が集まる機会には、全国の新酒鑑評会もありますが、スポイトで取るようなみみっちいものなので、ぐびっと飲めるこのきき酒会は一興です。一社で6種類も持ってくる会社もいるので、500種類程度は軽くあるでしょう。

2饐譴悗離▲セスが良い。駅から徒歩1分(実際には2〜3分が妥当でしょうか)の立地は魅力です。電車の本数が多いこともいいですね。

例年、全てのブースに行くのですが、今回は事情があって40社にしました(大遅刻して時間がなかったという裏事情もありましたが…)。ちょうど100本を利き酒しました

まずは、会場の雰囲気ですが、通路が比較的広く、慣れていない方でも気軽に楽しめると思います。個人的には昨年よりも空いていたイメージでしたが、各蔵元曰く「去年よりやや混んでる」だそうです。
関東信越きき酒会の様子

客観的に見て、今年はチラシの配布数が少なかったように思いましたが、きっちりと集客できたあたりはまずまずだったのではないでしょうか。しかし、そもそもの狙い(日本酒の普及)は毎回来るような既存客ではなく、新規客の増加によって満たされるものなのではないでしょうか。もちろん、集客すればよいというだけではないので難しい問題だと思いますが、少しずつ進んでいければ未来は明るくなっていくと思います。私個人としても、もう少し考慮すべき問題だったと反省しています

ここからはきき酒の感想を…とはいっても、全ては紹介できないので、気になった銘柄について触れていこうと思います

 ̄都宮酒造:今井昌平(純米吟醸)
若い杜氏さんが手がけた一本です。地元産五百万石を使うあたりは、栃木蔵元が目指す栃木米を用いた栃木酒そのものですね。味は酸味の利いた女酒イメージです。新潟の市島酒造のカレンに似たタイプですが、アルコールは15度と高いのが特徴です。私の想像ですが、地元消費よりも都会向け商品になるのかと思います。今後注目の一本です

大手門酒造:大吟醸
蔵元のある岩槻は、さいたま市に合併して、今回はまさにホーム会場になりましたね。洋梨のようなかぐわしい香りが辺りを包み込むいわゆる”いいお酒”です。やや渋の中に、甘みが顔をちらつかせています。バランスがいいですね。問題は地元消費が難しいことでしょうかね。人形の町から政令指定都市に変わって、どう印象が変わっていくかでしょうか。

K明禺鯊ぁ北雪YK35
さすがの一言です。甘みが花開いた後のすっきりとした後味に清清しさを感じます。高級料亭で用いられるのもうなずけます。基本的に高価なので、このような会場で味わえるのが嬉しいですね。いい意味で、特に注目すべき銘柄というわけではないです。きっちりとブランドを確立している見本のようです。

さ弯榿酒造:清泉
個人的にはやや渋だと思うのですが、バランスのいい味は美しくもあります。ボディがしっかりとしているので、比較的、料理とあわせやすいのではないでしょうか。”旨い”といえる一本です。こちらもブランドを築いていますね。適度にごくみがあって、問題なくおすすめできるのではないでしょうか。

ス盒脅鯊ぁ八一(吟醸)
特に尖った味がなく、飲みやすい一本です。値段も手ごろで、いろいろな楽しみ方ができる一本です。常温がベストかと思いますが、やや温めても飲みやすいいい酒です。個人的には、壺中天地が好きなのですが、毎年このお酒ですね。蔵元がいらっしゃらないので、まぁ無難なチョイスだと思います。東京や埼玉では扱うお店が少ないのですが、地元でしっかりと根ざしているので、頒布的な活動をしなくても強いです。

ξ仞郤鯊ぁ茶瓶(中身、聞き忘れました)
酸がやや強く感じられ、ドライ感が残ります。ビールの一口目が終わった後の、もう一口欲しくなるような感覚…のように感じられました。スタンダードの緑瓶とは隔する味に思えました。緑瓶ファンにどこまで受け入れられるかが勝負でしょうか。ややラベルにクセがあるので、倦厭する声も聞かれますが、至って丁寧な商品管理には頭が下がります。これを扱う酒販店は、まじめの証ですね。

辻善兵衛商店:桜川(大吟醸)
やや若いかなというイメージでしたが、香りと味のバランスが良かった印象があります。ふくらみがある味わいで、優雅な気分になれました。

渡邉酒造:旭興(大吟醸・88%生モト)
大吟醸はやや甘みの強い印象でした。どちらかといえば女性が好みそうなバランスです。生モトは、やや弱い酒に感じられました。確かに、ガツンとした酒にするのは難しいコンセプトの酒だと思いますが、おもしろい酒ではありますね。ドライで複雑な味でした。県産酵母の未来を開くことにも期待したい一本です。

渡邉酒造:たまか
一言で例えるなら”やさしい味”です。丸く、淡く、まとわりつくようなイメージです。6号酵母を使った珍しいお酒です。

仙禽酒造:仙禽(80%山廃純米・55%山廃純米)
山廃らしい複雑で濃厚な味が表現できていると思います。以前にブログで触れましたが、原酒に近い形で提供することで、その個性は市場でも煌くことでしょう。全体的には酸が強くなったイメージですが、バランスを失わずに築かれている立派な一本だと感じました。歴史的には古い蔵元ですが、若い兄弟に期待していきたいですね。

杉田酒造:発光路強力
私の中では、今回一番の掘り出し物ですかね。甘く丸くボディでかつ、飲みやすい口当たりは見事です。綺麗とは形容できませんが、酒が主役になれる一本でしょう。

宝山酒造:宝山古酒(特別純米)・大吟醸
10年という年月を経て誕生した一本で、色つきが魅力の古酒です。大吟醸は甘くバランスがいいです。海沿いでかつ、山という蔵元に向いた味わいなのではないでしょうか。

全体的な感想としては、良かれ悪かれ変化のない印象が残りました。昨年はいろいろな趣向があったように感じましたが、経済的・社会的背景もだいぶ影響しているように思えます。消費量が増えていけば、昨年のように様々な種類が出てくるでしょう。そのためにも、日本酒の地位の向上・消費拡大を望まずにいられません。

最後にマナーについて少しふれさせていただきます。会場に入る際に大変簡素で見やすいしおりをいただくのですが、マナー面に対する喚起が乏しいように思えました。会の名前に「きき酒」と煽っている他に、そのしおりには「きき酒」の方法が書かれているにも関わらず、そのきき酒のマナーには触れられていません。私が一番に感じるのは「吐器の前では立ち止まらない(立ち話をしない)」という最低限のマナーが周知されていないことです。仮に、この場を振舞い酒として扱うのであれば、それも良しとしましょう。しかし「きき酒」である以上、吐器が必要な方もいらっしゃるかと思います。何か注意を促す仕組みがあれば、みんなが楽しめるのではないでしょうか。酔ってしまうと気が大きくなってしまうので、客同士のトラブルにもつながります。一番近くにいるブースで声をかけていただけると嬉しいです。

たくさんの企業さんに参加いただき、一消費者として感謝しております。どうもお疲れ様でした


最後に、参加211グループ一覧を載せておきます
※資料掲載順
※リンクは会社独自HPのTOPを表示。商店街、商工会、酒販店のHP内での紹介ページはリンクしておりません。
※資料をできるだけそのまま掲載しております(一部加筆)

◎茨城県(27蔵+茨城県酒造組合)

蠏遒琉羲鯊づ:月の井
根本酒造:久慈の山
吉久保酒造:一品・百歳
阿部合名会社:松盛
白菊酒造蝓白菊・紅梅一輪
明利酒類:副将軍・印籠
礒蔵酒造(有):稲里
木内酒造(資):稲里
愛友酒造:愛友・友寿
(資)浦里酒造店:霧筑波
須藤本家:郷乃誉・霞山
賜杯桜酒造蝓Щ鯒婪
青木酒造:御慶事
蟷鈎羲鯊づ:一人娘
蠹鎮羲鯊づ:君萬代
萩原酒造:徳正宗
府中誉:船渡・太平海
森島酒造:大観
野村醸造:紬美人
蟶目宗宗兵衛商店:二波山松緑
日渡酒造蝓Щ衒
村井醸造蝓米こめこうめい(⇒たぶん公明)・真壁
蠕床本店:花の井・竹乃舞
衂靈:武勇
来福酒造:来福
石岡酒造:筑波・翔雲の峰
稲葉酒造場:男女川・すてら
茨城県酒造組合:ピュア茨城

◎新潟県(56蔵)

大洋酒造:大洋盛・越後流
宮尾酒造:〆張鶴
市島酒造:市島・夢
越後桜酒造:越後桜・白鳥蔵蔵出し生しぼり
菊水酒造:ふなぐち菊水一番しぼり・菊水の辛口
ふじの井酒造:ふじの井
近藤酒造蝓П枅擬六・菅名岳
金鶏盃酒造:越後杜氏・雪影
麒麟山酒造:麒麟山
今代司酒造:今代司
石本酒造蝓П枅鬼梅
塩川酒造:越の関・千の風
樋木酒造蝓鶴の友
高野酒造:越乃吹雪・水の都 柳都
小黒酒造:越乃梅里
蟇杆綣鯊ぞ:越乃八豊
天領盃:天領盃
衙明禺鯊:北雪
宝山酒造:宝山
福井酒造蝓峰乃白梅
上原酒造:越後鶴亀・はまなす物語
朝妻酒造蝓Ю磴慮
雪椿酒造:越乃雪椿
美の川酒造:良寛・越の雄町
高橋酒造:八一
お福酒造:お福正宗・山古志
越銘醸蝓П曚猟瓠Π躱
諸橋酒造:越乃景虎
河忠酒造:想天坊
関原酒造:群亀・越後長岡藩
池浦酒造:和楽互尊・天上大風
柏露酒造:越乃柏露
吉乃川:吉乃川
中川酒造蝓П枅鞠魎
栃倉酒造蝓米百俵
朝日酒造:朝日山・越州
久須美酒造蝓Ю鏡堯Σ道卻語
新潟銘醸:長者盛・越の寒中梅
高の井酒造:越の初梅
緑川酒造蝓緑川
青木酒造:鶴齢
高千代酒造:高千代・巻機
白瀧酒造:上善如水・魚沼
蠑焦軌羲鯊ぞ:松乃井・英保
滝沢酒造(名)(⇒たぶん滝澤酒造):苗場山・龍ヶ窪
魚沼酒造:天神囃子・縄文の響
津南醸造:霧の塔
原酒造:越の誉・越の誉あわっしゅ
衂霏¬郤鯊:スキー正宗・春日山天と地
田中酒造:能鷹
妙高酒造:越乃雪月花・妙高山
君の井酒造:君の井
千代の光酒造:千代の光・真
蟯飮骸鯊ぞ譟Ю稈翡
池田屋酒造蝓Ц信
加賀の井酒造:加賀の井

◎埼玉県(29蔵)
内木酒造:旭正宗
大瀧酒造:九重桜
蠑山本家酒造:武州世界鷹・天狗のどぶろく
衒験據文楽
麻原酒造:武蔵野・琵琶のさざ波
(有)佐藤酒造店:越生梅林
小江戸鏡山酒造:鏡山
五十嵐酒造:天覧山
武蔵鶴酒造:武蔵鶴・武蔵鶴磨
晴雲酒造:大晴雲・手造り晴雲
松岡醸造蝓Ъ卍垢亮髻彩の酒
衞霹本店:秩父錦
武甲酒造:武甲正宗
秩父菊水酒造:秩父小次郎
権田酒造:直実
滝澤酒造:菊泉
蠧崎以識匸ε:白扇
川端酒造:桝川
横田酒造:日本橋・浮城
南陽醸造:花陽浴・藍の郷
清水酒造蝓У宜嘆嵒
螻屋:力士
蠹谿ー鯊:晴菊武州
鈴木酒造:万両・大手門
神亀酒造蝓Э正機Δ劼蛎后併温優螢鵐:全量純米蔵を目指す会
清瀧酒造:清瀧・伝
寒梅酒造:寒梅
石井酒造:豊明・初緑
(有)藤橋藤三郎商店:超・深谷宿

◎群馬県(20蔵)
蠶田酒造店:清瞭・町田酒造
柳澤酒造:桂川
聖酒造:関東の華・酒屋傳兵衛
牧野酒造:大盃
柴崎酒造:船尾瀧・霧の榛名
松屋酒造:平井城・桃色薫酒
聖徳銘醸蝓鳳凰聖徳・妙義山
浅間酒造:秘幻・浅間山
土田酒造:誉國光・尾瀬の清水
大利根酒造(有):左大臣・尾瀬の雫
永井酒造:水芭蕉・谷川岳
蟇憤翹棆:利根錦・尾瀬のあわ雪
近藤酒造:赤城山
分福酒造:分福・男一心
瀧神酒造蝓尾瀬の雪どけ
山川酒造蝓利根川育ち・光東
島岡酒造蝓Х嫁論堯γ故
岡村合名会社:観音櫻・泉末廣
(名)田島酒造店:三波石
奥村酒造蝓У龍・上州っ子

◎長野県(41蔵+原産地呼称管理制度)
蟶0羲鯊づ:若緑・五岳
蠎鮴藺¬:川中島・川中島幻舞
長野銘醸:オバステ正宗・棚田
蟇麁酒造場:渓流
蠑祥娉伊榲:北信流
高沢酒造:米川・豊賀
千曲錦酒造:千曲錦・吉田屋治助
蠍轍絢鯊づ(4月18日現在、工事中):深山桜
武重本家酒造:御園竹・牧水
大澤酒造蝓明鏡止水・信濃のかたりべ
蠹擴絢鯊づ:亀の海
伴野酒造:澤の花
木内醸造蝓Ы蜥
橘倉酒造:菊秀
黒澤酒造:井筒長・くろさわ
沓掛酒造:福無量・互
山三酒造:真田六文銭
信州銘醸:明峰喜久盛・瀧澤
麗人酒造:麗人
酒ぬのや本金酒造蝓本金
伊東酒造:横笛
宮坂醸造:真澄・夢殿・純米吟醸七號
蠑野酒造店:夜明け前
漆戸醸造:井乃頭
蠕臂:黒松仙醸
米澤酒造:今錦・おたまじゃくし
喜久水酒造:喜久水・猿庫の泉
蠹鮴郤鯊づ:木曽路・十五代九郎右衛門
七笑酒造:七笑
笑亀酒造:笑亀
大信州酒造:大信州
北安醸造:北安大国・いいづら
大雪渓酒造:大雪渓
蟯歙ぜ鯊づ:勢正宗・旭の出乃勢正宗
蠹鎮羃絢鯊づ:水尾
天領誉酒造:天領
原産地呼称管理制度:認定酒
高天酒造:高天
岩波酒造合資会社:岩波
蟾盒興作酒造店:松尾
衙島屋:神渡
岡崎酒造:亀齢

◎栃木県(27蔵)
蠍弉伊榲:菊・七水
螳羮綫教半ε:澤姫
宇都宮酒造:四季桜
西堀酒造蝓Ъ秬耕膤杏埆弌若盛奥座敷
若駒酒造:かねたまる・善十郎
杉田酒造蝓雄東正宗・発光路強力
小林酒造蝓鳳凰美田
北関酒造:北冠
蠹邊佐平商店:清開
片山酒造:柏盛
飯沼銘醸:杉並木・姿
第一酒造:開華
相澤酒造:愛乃澤
蠶堊永識匸ε:桜川
螻庵喙鯊づ:燦爛
惣譽酒造:惣譽
森戸酒造蝓Ы衆貔欺 尚仁沢
衂拈郤鯊づ:忠愛・富美川
蠑尚羲鯊づ:松の寿
(資)小島酒造店:かんなびの里
蠅擦鵑ん(⇒なんで平仮名かわからないけど…仙禽酒造):仙禽
蠹膾蠎鯊:東力士
蠻鯀蠎鯊:とちあかね
池島酒造:池錦・那須乙女
天鷹酒造:天鷹
渡邉酒造蝓О斡宗Δ燭泙
菊の里酒造(4月18日現在、HPリニューアルのための仮サイト):大那

◎その他(9グループ)
蒸留酒造組合:カクテル4種
エチゴビール:こしひかり越後ビール・レッドエール
麗人酒造:ケルシュ・アルト
南信州ビール:インディアンペールエール・アップルホップ
蠖州東御市振興公社オラホビール工場:ゴールデンエール・アンバーエール
大子森物産蝓Д凜.ぅ張Д
木内酒造(資):ホワイトエール・ペールエール
龍神酒造(よくわからないけど、とりあえずトップのみ見られます):オゼノユキドケブラウンバイツェン・オゼノユキドケホワイトバイツェン
(有)秩父ワイン:秩父ワイン源作印 赤・白
author:むらかみさん, category:試飲会, 03:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark