RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「日本酒フェア2010」のお誘い

2010年6月16日(水)

日本酒の魅力を堪能できる国内最大級イベント 日本酒フェア2010
〜SAKE FAIR 2010 全国の匠の技に酔う〜
主催:独立行政法人酒類総合研究所・日本酒造組合中央会

◎平成21年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会
会場:東京池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F展示ホールA2・3
第1部 10:00〜13:00
第2部 16:00〜20:00
今年はどちらで入場してもOKになったそうです(昨年までは酒類製造および販売関係者が第1部、その他は第2部でした)
入場料前売り券3000円(購入方法は最後に書いてあります)・当日券3500円(公開きき酒会と全国日本酒フェア共通券になります)
内容:各地の蔵元が技と情熱を注ぎ込んだ極上の新酒(吟醸酒)を鑑評する「全国新酒鑑評会」。その入賞酒約450点のきき酒をお楽しみください。

◎全国の多彩な銘酒を販売 第4回全国日本酒フェア
会場
:ワールドインポートマートビル4F文化会館4F展示ホールB
開催時間 11:00〜20:00
入場料:上記の共通券購入者は無料日本酒フェアのみの入場券は1000円
※販売されているのはいわゆる市販酒です。鑑評会にて出品・受賞したものはほぼ売られていないと思ってください。

注意
・未成年の入場はできません。
・運転者(自転車含む)の試飲はできません。
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがあります。

前売り券購入方法
・e+(イープラス) http://eplus.jp/sake/ (パソコン・携帯)
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード617-066)
・JTBエンタメチケット 0570-030311 http://www.jtb.co.jp/ticket/ JTB各支店、JTBトラベランド各店、JTB総合提携店


ちなみに、昨年度の記事はこちら⇒ポチッ


先のなんとか党の独立行政法人関連のなんやかんやで『独立行政法人酒類総合研究所』がやりだまに挙げられていましたが、そのアレの一部がこの試飲会であります。

結果は平成22年5月21日(金)午前10時に発表ですので、結果が出次第、また更新致します。

author:むらかみさん, category:試飲会情報, 20:34
comments(0), trackbacks(1), pookmark
関東信越きき酒会の案内

日時:4月8日(木)16:30〜19:00

会場:さいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナ(さいたま新都心駅の西口の階段をすぐに下に降りるのがベスト!)

主催:日本酒造組合中央会関東信越支部・日本蒸留酒酒造組合関東信越支部・関東信越地ビール醸造者協議会

author:むらかみさん, category:試飲会情報, 22:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
関口酒店さんのワイン無料試飲会
 お世話になっている宇都宮の酒屋さんが、無料試飲会を行います

秋に楽しむ世界のワイン無料試飲会
10月31日(土)〜11月1日(日)

シャトー・デュ・シャテラールのヌーボー(無農薬・有機栽培)
2002年 金賞受賞
2003年 グランプリ
2005年 銀賞受賞
2007年 金賞受賞

このワインは、関口酒店さんの直輸入です。関口酒店さんは、毎年、視察・買い付け目的でヨーロッパに行っています。ツアーを組んで、ワイナリー巡りをしています。時期は6月なので、興味のある方はぜひ。


なお、それにともなって、こんな企画も…

20種類以上のワインといろいろなチーズの無料試飲会と試食会
11月19日(木)〜22日(日)

この関口酒店は、人のいいパパさんと、岡江久美子似のママさんが経営しています。
栃木LOVEの日本酒なんかは試飲が豊富です。びっくりすることに、あれもこれもお試しできます。

関口酒店
 住所:宇都宮市下栗町698-11(宇都宮東高校向い)
 TEL:028−656-1084
 URL:http://www12.ocn.ne.jp/~iisake/
 ※試飲される方は、運転をなさらないようにお願いします。

ふとっぱらな企画、目白押しですね…
author:むらかみさん, category:試飲会情報, 08:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
山梨ヌーボー祭り
今年も東京で山梨ヌーボーまつりが楽しめます。

11月3日(火)、4日(水)

 会場 日比谷公園噴水広場・芝生広場(東京)』
 時間 11:00~15:30(最終受付2時半)

11月3日〜5日の3日間

 会場 富士の国やまなし館
      東京都中央区日本橋2-3-4日本橋プラザビル1F
 営業時間 10:00〜19:00
 

 また、富士の国やまなし館では、第2、第4金曜日に山梨県内のワイン醸造家を招いて、試飲販売会を実施しています。こちらも、ぜひご利用くださいませ。
author:むらかみさん, category:試飲会情報, 12:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
日本酒マリアージュ祭
日本酒マリアージュ祭
3つのフロアにわけて、目白押しのイベント盛りだくさんです。もちろん、各フロアの移動は自由です。
準備されたお酒(10蔵)はすべて飲み放題、それぞれの日本酒に合わせた10種類以上の肴もついています。

平成21年10月25日(日)
 1部-13:30(開場)14:00〜16:45
 2部-17:30(開場)18:00〜20:45
 費用:4,000円(事前チケット制)
※イベント参加・お申込に関しては、10/23(金)まで。混雑が予想されるので、当日券販売は行いません。
 場所:東京都港区赤坂2-17-55
      
 赤坂L@N、MOVE、NOTE (千代田線 赤坂駅 徒歩5分)

●●お問い合わせ先●●
  tel : 03-3462-5616
  e-mail : info@bizenyaki1091.net
 
イベント詳細はこちら

マリアージュ選手権(3F)
10種類の蔵の日本酒すべてに肴を合わせて、マリアージュのすばらしさを体験できます。
最後にマリアージュ大賞を決定して、みんなで盛り上がりましょう!
オープニングでは活花&三味線によるライブパフォーマンスあり、日本酒&食材のプレゼンテーションやライブなどを実施します。

日本酒を文化で表現する(4F)
五感覚で日本酒を感じることで、日本酒の見方が広がる体験できます。
湯川文樹氏による朗読×日本酒(湯川氏の小説は年明けに全国発売)
音楽×日本酒(湯川氏の作詞作曲による5種類のお酒を歌にします)
人×日本酒(人間の性格が味にどのような形にでるのかをクイズ形式で表現します)。

酒器を体感する(5F)
美食雑誌dancyuにて酒器のスペシャリストとして注目された「中村祐輔」氏に所有の平安時代〜現代にいたるまでの超貴重な酒器を体験できます。
また、「燗をつけたら日本一」といわれる燗のスペシャリスト「多田正樹」氏による燗酒とチーズのマリアージュを体験できるフロアーです。

author:むらかみさん, category:試飲会情報, 08:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「平成21年東京秋の吟醸酒を味わう会(日本吟醸酒協会主催)」へのお誘い
今年も、吟醸酒の美味しい時期がやってきました

新酒もいいけど、ちょっと落ち着いたお酒も好きって方々、お待たせしました(って、私、主催じゃありませんけど

今回お知らせする内容は、タイトル通り「平成21年東京秋の吟醸酒を味わう会(日本吟醸酒協会主催)」へのお誘いです。

開催日:10月28日(水)

第1部 15:00〜17:00 (受付開始14:30〜)
 (前売り3500円、当日4000円)

第2部 18:00〜20:00 (受付開始17:30〜)
 (前売り・当日ともに5000円)
 ※ただし、前売りだと酒肴つきになります
 ※前売り・当日ともにおみやげの吟醸酒がつきます

会場:テルメトロポリタンエドモント2階
 (東京都千代田区飯田橋3−10−8)
 (電話番号 03−3237−1111(代))

アクセス:JR飯田橋駅かJR水道橋駅をご利用ください。車では行かないように!

注意
 飲食物の持ち込み禁止。
 飲食物の持ち帰りも禁止。
 入場料の払い戻しはありません。
 払い込み後のキャンセルもできません。
 前売りの場合、払込受領証(窓口利用の方)かご利用明細票(ATM利用の方)を必ずご持参ください。これが入場券になります。

申し込み方法(郵便払込を利用する場合)
〕絞惷匹鉾え付けの払込用紙(青色)に必要事項を明記(会員の方は登録番号を、初めての方は「新規」と記入)
必要な金額を払い込みます。
JЧ口座 通常払込郵便振替00120−9−156131 日本吟醸酒協会
ぜ蠖料(窓口120円、ATM80円)はご負担願います。

申し込み方法インターネットとクレジットカードを利用する場合)
.曄璽爛據璽絃紊任干稜Гださい。
入場料は第1部3675円、第2部5250円(カード決済手数料含む)になります。

前売り締切日:10月23日(金)
author:むらかみさん, category:試飲会情報, 18:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
20BY全国新酒鑑表会

 池袋サンシャインで行われている「全国新酒鑑表会」に行ってきました。

 出品されたうちの半分の酒が並ぶこのイベント。さらにそのうちの半分が金賞と称えられます。それに意味がないという方もたくさんいることでしょう。中には木桶仕込みの大吟醸を出品したり、頑なに生もとを出品する蔵元もあります。たいていは審査で落とされ、このような大きなイベントでは人目に触れません。日本酒の頒布・布教という立場よりも、吟醸を突き詰めるためのイベントだと感じます。
鑑表会の様子
 今年の酒の評価は…「がんばったなぁ…」といったところです。

 今年の傾向としては、過剰な淡麗辛口路線を脱却すべく、味のりのいい吟醸造りが浸透してきた感がありました。しかし、味のりのいい反面、「老ね」ていたものが多かったように感じました。もちろん、出品したときと現在では酒質は変わってしまいます。そういった意味では、温かくモロミが進んでしまう今年の酒造りは辛かったろうと思います。

 市販酒で結構手抜きしているんだな…と思う某蔵元(N県I酒造さん)が受賞していたので利いてみました。なかなかの出来でした。どうしてこの味を市販酒に出せないかなと疑問に思いました。やっぱり詰め口に問題があるんだろうなと残念に思いました。ある程度の規模になってしまうと酒質は落ちるのは世の流れなのでしょうか。杜氏が変わって10年ほど経ちますが、これからに期待しましょう。

 おもしろい酒、新鮮な酒といったものはほとんどありませんでしたが「わかさ(福井県)」に興味が出ました。うっすらと感じる酸味とみずみずしい味わいは驚きでした。「水っぽい」という表現ではなく「みずみずしい」という言葉がぴったりです。さわやかであるその風味は、たとえるならボルビックのFluit Kissのような滑らかにのどを潤す感覚でした。「今が呑み時」と感じた一本でした。

 ところで、相変わらずのマナーの悪さが目に付きました。毎年やっていて進歩しないのには困ったものです。おそらく、みなさん日本酒を愛しているから来るのでしょうけど、「アルコール=悪」ととらえる社会構図は気になさらないようです。一方通行を守れない、周囲を気にせず荷物を振り回す、試飲しながら話し込む…マナーの向上なくして日本酒の地位向上はないでしょうね。

 鑑表会という特質上、あれがうまい、あれがまずいだという批評は避けさせていただきました。

 楽しむ場というよりは、全国的な傾向を見る場としてはいいイベントを提供していただいたと感じています。スタッフの方々、ありがとうございました。

author:むらかみさん, category:試飲会情報, 18:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark